サービス概要

【サービス名】

研修後、受講者を放置してしまっている方

受講者の研修における成長支援の方法

オンラインツールZOOMでの<1対1>対話形式 60分間


【内容】

このサービスは、研修後における受講者の成長支援の方法について検討するサービスです。研修後あなたの研修内容を理解したのみの状態から、行動、試行錯誤、知見獲得を促す方法を一緒に検討していきます。

 


【対象者】

研修やプレゼンを予定し、準備している方

*この成長支援の方法は、研修後に計画するのではなく、研修前に計画して研修内容とセットで仕込んでおくことを想定しております。

 


【進め方全体】

まずはスライドに関するあなたの想いをお教えください。

1)この研修の対象者

2)研修内容・進め方

3)研修時間

上記をお聞きした後に受講者の成長支援について検討します。

1)受講者の動き

2)情報収集項目

3)情報ツール

4)支援方法

 


【サービス後】

サービス後、次のような展開を想定しています。

-受講者の研修後の動きを想像できる

-受講者がつかんだ知見が把握できる

-受講者がつかんだ知見で、あなたの研修内容がバージョンアップできる

 


【実施形態】

次のようなオンラインツールにおけるネットにつながった対話可能な環境をご用意ください。顔出しの有無・電話/ビデオなどご希望に沿います。

・ZOOM(電話のみ・顔出しOK)

・フェイスブック(電話・ビデオ)

・ライン(電話・ビデオ)

 


【費用】

1時間を目安にお話をお聞きします。1時間すぎても超過料金はありません。

□1回(約1時間):¥3,300円(税込み)

 


【補足】

ここでの「成長支援」とは、「受講者の理解→行動→試行錯誤→知見発見」というプロセス全体を支援することを言っております。

 


【担当者】

佐野 雄大(サノ タケヒロ)

 

テイクヒーロー・ジャパン代表

成長支援コンサルタント

勇気付けトレーナー(ヒューマン・ギルド)


高校2年生の11月、1日間で2度の交通事故に会う。親へのお詫びの意味で学費が安い国立大学の受験を宣言する。しかし、高校2年生3月の旺文社模試(5教科)で偏差値「28」が出てしまい、大学受験の難しさを知る。

 

その後、2年間の浪人を経て東京農工大学に合格。大学では高校での偏差値「28」の二の舞になると思い勉強する。その後運よく東京大学大学院工学研究科(修士)に合格。未だに高校時代の自分を知っている友人からは信じてもらえない。

 

東京大学大学院工学研究科(修士)では、工学系のセンスがないと自覚。方向転換し「話し方教室」に通う。その話し方教室でのベテラン講師の話し方に引き込まれ、研修講師になることを志す。

 

その後、空気清浄機のベンチャー企業、研修会社、ITベンチャー企業を経て独立。通算講師歴役20年(1999年~)。主な実績としてコンプティア講師資格CTT+取得支援者数150名を達成。

 

現在は、研修講師支援に加え、受講者側の「成長する考え方や行動」を支援するサービス「自己成長感サービス」を展開している。

 

*著書:「組織内研修の極意」(翔泳社)(共著)